「主治医が見つかる診療所」8:16時間ダイエットとは・・

何でも食べることが出来て、胃腸にも優しい「8:16時間ダイエット」

8:16時間ダイエット

 

何でも食べることが出来て、胃腸にも優しい「8:16時間ダイエット」
そのダイエットを紹介してくれたのが、福岡県北九州市の、かたやま脳外科内科クリニックの院長です。

 

その院長は、現在57歳で、スリムな体型を保っていますが、4年前は82kgという肥満体でした。

 

そこで、糖質制限ダイエットに挑んだのですが、6kg〜7kgぐらいは痩せることは出来たのですが、すぐに、リバウンドしてしまって、元の体重に戻ったとのことです。

 

そして、8:16時間ダイエットに出会った結果、2016年には、10kgの減量(72kg)に成功したのです。

 

肥満は、年齢が進むに連れて、糖尿病や高血圧、そして、癌に発展するなど、さまざまな病気になる可能性を秘めています。
よって、ダイエットすることは、健康を保つ、とっても大切なものなのです。

 

今回は、テレビで放送されていた、「主治医が見つかる診療所」での、8:16時間ダイエットを番組に沿った内容でレポートします。

8:16時間ダイエット

片山院長、自らダイエットで成功したのが、8:16時間ダイエットです。

 

この、8:16時間ダイエットとは、1日24時間を8時間と16時間に分けて、8時間内で食事を終わらせるダイエットです。

 

そして、その、8時間内であれば、何を食べても良いと言うルールです。
但し、16時間内は一切食べないということです。

 

例えば、朝8時に食事をすると、8時間後の16時までは食べる事が出来ますが、16時を過ぎると、食べてはいけないということです。

 

8:16時間ダイエットのスケジュール

もちろん、12時に食事をすると、8時間後の20時までは食べることが可能です。

 

この、ダイエットを行ってみると、1日2食になりますが、8時間以内であれば、何を食べても良いと言うことです。

 

但し、あくまで、ダイエットなので、長時間食べ続けたり、暴飲暴食はNGです。

 

それで、この、8:16時間ダイエットのポイントは、食べない16時間にあります。

 

つまり、胃腸を毎日16時間休ませることで、消化器系の働きが活発になり代謝アップに繋がると言うことです。
そして、脂肪がしっかり燃焼するので、ダイエット出来ると言うことです。

 

この、8:16時間ダイエットは、もともと、アメリカで流行しているダイエットで、比較的無理をしないで痩せることが出来るダイエット法なのです。

高年齢でも無理なく痩せる

高年齢にも優しいダイエット

かたやまクリニックでは、病気の予防として、この、8:16時間ダイエットを勧めているそうです。

その中で、91歳の女性が無理なくダイエットに成功しています。

 

それは、約半年前から8:16時間ダイエットに挑んでいますが、そのきっかけとなったのは、お腹が出てきたことと、膝が痛くなったことです。

 

そして、半年間で2kgのダイエットに成功しています。
この、2kgのダイエットは、足腰の負担を軽減するので、骨にダメージを与えることが無く、膝の痛みも解消されたとのことです。

 

ちなみに、その女性の8:16時間ダイエットの内容は・・・
お昼の12時にバターを塗った食パン1枚とコーヒーを飲む。

 

そして、夕方6時ごろにエビフライ、カレーコロッケ、キャベツのサラダ、ご飯と味噌汁です。
このような、食事内容で簡単に痩せることが出来るという8:16時間ダイエット・・

 

この番組では、お笑い芸人のたっちが実際に8:16時間ダイエットに挑戦します。

たっちが8:16時間ダイエットに挑戦

番組では、実際、お笑い芸人のザ・たっち(弟のかずやさん)が10日間のダイエットに挑んだ結果・・

 

体重:73.3s → 71.1s= マイナス2.2s
体脂肪:32.9% → 31.6%= マイナス1.3%
中性脂肪:142 → 80

 

という結果です。
このように、10日間で意外と簡単にダイエットが出来ることが分かりました。

8:16時間ダイエットの利点

8:16時間ダイエットをするにあたっての利点をまとめてみました。

 

  • ダイエットをすると、食べてはいけないというストレスがマイナスになります。
  •   その点、8:16時間ダイエットは、やさしいダイエットです。

     

  • 食べものに対する執着の強い人ほど、我慢しやすくなり、簡単に続けられる。
  •  

  • 炭水化物ダイエットと違って、食べるものの規制が無い点が良い
  •  

  • 無理しないダイエットなので、長期に渡って続けられるダイエットです。
  •  

  • 16時間、胃や腸がしっかりと休むことができるので、腸の回復力や持続力が出てくる。

 

11時間ダイエット

そして、最初に8:16時間ダイエットに、とりかかるのが厳しいと感じたら、食べる時間を、もう少し伸ばすものOK

 

例えば、11:13時間ダイエットから始めることも有効です。

 

その、11:13時間ダイエットが慣れてきたら、10:14時間ダイエット・・9:15時間ダイエットというように、少しずつ
短くしてゆく手もあると言うことです。

 

これらは、自分に合った無理の無い、ストレスを感じないダイエットから始めることで、より、楽にダイエットが可能になるのです。

 

↓こちらの、スルスル酵素ブログもご覧ください。↓

 

肥満は水素水がいい!

 

本物の酵素、スルスル酵素・・トップページに戻る。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?