腸内フローラはダイエットと美容、健康に影響を与えています。

バクテロイデス

NHKスペシャル 「腸内フローラ、解明!驚異の細菌パワー」と言う番組で、痩せている人と太っている人の違いは腸内細菌の違いであると放映されていました。

 

マウスの実験

その番組では、痩せている腸内細菌をマウスAに与える、

逆に、太っている人の腸内細菌をマウスBにも与える。

 

研究では肥満の人と、痩せている人の腸内細菌をそれぞれ、マウスの腸に与えて、運動や食事を全く同じ環境で育てます。
すると、驚きの結果がでました。

 

それは脂肪の量の変化が表れたのです。
痩せた腸内細菌を与えたマウスは変化なし。

 

ところが、肥満の腸内細菌を与えたマウスは、どんどん、脂肪が増えて太ってしまいました。
これは、何度同じ実験を繰り返しても、結果は同じです。

 

つまり、肥満の人の腸内細菌を与えたマウスは太るのです。
その鍵は、バクテロイデスと言う菌が肥満の人の腸内細菌には少なかったからです。
バクテロイデスと言う菌が肥満を防ぐ働きがあったのです。

短鎖脂肪酸

腸内細菌は私たちが食べたものを分解し、それを栄養として生きています。
その時、腸内細菌は様々な物質を出します。

 

その、腸内細菌から出す物質が私たちの体にとって、重要な働きをしていることが分かってきたのです。
バクテロイデスが出すのは、短鎖脂肪酸という物質です。

短鎖脂肪酸

 

これが、肥満を防ぎます。
その仕組みは、もともと、肥満は、脂肪を脂肪細胞が摂り込むことで発生します。

 

血管を流れる脂肪を摂り込み続けて、どんどん、繰り返して、摂り込むと肥満になります。

 

一方、バクテロイデスから、出した短鎖脂肪酸は、腸から吸収されて血液中に入ります。

 

そして、全身に張り巡らされている血管を通じて体の隅々まで運ばれてゆきます。
短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働き掛けると、脂肪の摂り込みが止まります。
余分な脂肪の蓄積を抑えて肥満を防ぐのです。

 

そして、短鎖脂肪酸には、もう一つの役割があります。
筋肉などに作用し、脂肪を燃やす働きをするのです。

 

脂肪の蓄積を減らし、脂肪の消費を増やすという、全身のエネルギーのコントロールを腸内細菌が行っていたのです。
また、短鎖脂肪酸以外にも腸内細菌が出す物質が数多く発見されています。

 

そうした物質が、私たちの体にさまざまな効果をもたらしていることが分かり始めたのです。
老化防止もその1つです。

エクオール

腸内細菌が出す物質が肌の若さを保つことが分かってきたのです。
それは、女性ホルモンとよく似た、「エクオール」と言う物質です。

 

エクオール

実験では、更年期の女性にエクオールを飲んでもらって、追跡調査した結果、エクオールを飲んだ人はお肌のしわが浅くなってきたのです。

腸内細菌が作るエクオールが、肌のハリを保つコラーゲンを増やしたと考えられます。

 

コラーゲンの線維芽細胞の働きを向上させて、ハリを深いところに与えるものを増やして、ハリを保たせる効果です。

 

更に、エクオールは女性の更年期を悩ます、顔のほてりや、骨密度の低下も報告されています。

 

腸内でさまざまな物質を作る、100兆以上の菌は私たちの美容と健康を保つ上で欠かすことの出来ない存在だったのです。
これらの腸内細菌を活発化するには、腸内細菌のエサとなる食物繊維を摂ることが必要です。

 

ごぼう、玉ねぎ、アスパラガスなどの野菜や納豆、大豆などの豆類は食物繊維が豊富に含まれているので大いに食べる習慣にすることをお勧めします。

 

(この記事内容は、2月22日(日)21:00放送の「NHKスペシャル 腸内フローラ、解明!驚異の細菌パワー」をリライトしたものです。)
腸内フローラとは腸内に存在する菌の集団のことを言います。

 

本物の酵素、スルスル酵素・・トップページに戻る。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?