比較しました「コンブチャクレンズ」と「ハーブアブソリュートコンブッカ」

コンブチャクレンズとハーブアブソリュートコンブッカ

コンブチャクレンズとコンブッカの画像

 

今、効果的なダイエットは、コンブチャの人気が高いですね。

 

その、コンブチャですが「コンブチャクレンズ」と「コンブッカ(ハーブアブソリュートコンブッカ)」が2大コンブチャですが、どっちがいいのか迷っている方が多いと思います。

 

私もこの2つのコンブチャについて、どっちがいいのか分からず、ネットで調べていたのですが、コンブチャクレンズとコンブッカの比較サイトは多くありますが、内容は、この2つの特徴をそれぞれ述べたものだけのものが多く、具体的な違いがぼやけているサイトがほとんどです。

 

よって、特徴は理解出来たけれど、具体的に選ぶ決め手を見つけることが出来ませんでした。
だったら、私が調査して分かりやすくシェアしようと考えてレポートを行ったということです。

 

今回のレポートは、この2つのダイエットドリンクの違いと、私が決め手となったコンブチャの利点です。
これを参考にして頂ければ、迷いは解けると思っています。

コンブチャクレンズがおすすめ

コンブチャクレンズとコンブッカですが、どちらも、「菌活で痩せて美しくなる」という目的のものです。

 

よって、多くの菌や成分をカラダに補うことによって、消化酵素を助け、腸内環境を整えることで、いらない毒素を体外へ排出します。

 

これによって、ダイエットするという仕組みです。
ということは、より早く、そして、多くの菌を体内で働かせることが効果を発揮するということです。

 

2つの酵母菌

 

それを考えると、コンブチャクレンズに軍配が上がりますね。
その理由は、まず、コンブチャクレンズの2つの酵母菌です。

 

公式サイトでは、プレミアム処方ということですが、コンブチャクレンズは、トルラ酵母菌とパン酵母が含まれています。

 

この2つがコンブチャクレンズのメイン素材というか・・成分でトルラ酵母菌は、脂肪燃焼に威力を発揮します。

 

一方、ハーブアブソリュートコンブッカですが、「めさましテレビ」で紹介されただけあって売れているようです。
主な働きは、乳酸菌、酵素、ポリフェノール、ミネラル、ビタミン、アミノ酸です。

 

そして、コンブッカは、昔流行った、紅茶キノコを忠実に復元したようなもののようです。
味は紅茶ベースなので、酸味の効いた甘さですね。

 

午後の紅茶という缶紅茶がコンビニで売っていますが、これによく似た味をしています。

 

それで、コンブッカは、コンブチャクレンズのような、酵母菌の詳細が分からないので、どのような働きでダイエットに導くのかが分かりません。

 

もちろん、乳酸菌が入っているので、腸内環境を整えたり、消化酵素の力となって、代謝酵素を助けをするのでダイエットに効果的だと思います。

 

そこで、私の結論ですが・・

 

 

  1. 脂肪燃焼させてダイエットをするにはコンブチャクレンズがおすすめ!
  2.  

  3. 乳酸菌のパワーで腸内環境を整えて痩せるにはハーブアブソリュートコンブッカ!
  4.  

  5. 価格(通常購入)で選ぶにはハーブアブソリュートコンブッカ!
  6.  

  7. コンブチャクレンズは定期購入をすると、初回だけ1950円でゲット出来る特典がある!
  8.  

  9. ハーブアブソリュートコンブッカは少量ですが、カフェインが入っているので、妊婦さんや授乳中の方にはおすすめ出来ない。

 

このような結論ですが、更に分かりやすく、次に、コンブチャクレンズとコンブッカの比較を表にしました。

コンブチャクレンズとコンブッカの比較

  コンブチャクレンズ ハーブアブソリュートコンブッカ
メイン素材成分 トルラ酵母菌、パン酵母 乳酸菌、ポリフェノール
酵素数 200種類以上 200種類以上
その他成分 乳酸菌、L-シトルリン、葉酸、オリゴ糖、ビタミンB群、リンゴ酢 ミネラル、ビタミン、アミノ酸
カフェイン 無し 控えめ
トロピカルマンゴー味 紅茶味
甘さ 少し甘い 酸味の効いた甘さ
カロリー 46.8kcal 25kcal
1日飲む量 30ml 20ml〜30ml
愛飲している有名タレント 山田優、道端アンジェリカ ダレノガレ明美

次は、価格を比較しました。

(税抜) コンブチャクレンズ コンブッカ
定価 5,500円 4800円
1杯の価格 229円 133円
1本で何回飲める 24回 36回
定期便 初回1950円、2回目から4950円 4320円、2回目以降も同価格
定期の縛り 3回までの継続 1回でも解約OK

このような違いになりますが、効果最優先で考えるなら、コンブチャクレンズです。
では、次に、コンブチャクレンズのトルラ酵母菌とパン酵母についてレポートしますね。

コンブチャクレンズのトルラ酵母菌とは?

グルタチオンの効果

 

トルラ酵母菌の主成分はグルタチオンというアミノ酸です。

 

グルタチオンは、医薬品として認められていて、安全性に関しても問題無く、急性毒性の改善薬として用いられています。

 

もちろん、私たちの体内に存在していて、主に肝臓に活躍する成分でカラダの酸化を抑える抗酸化作用を持っています。

 

食事でグルタチオンを補うには、牛のレバー、牡蠣、豚のバラ肉を食べると良いようです。

 

それで、トルラ酵母菌ですが、活性酸素を抑える効果があるので、脂肪の酸化や酸化された脂肪を正常化する働きがあり、これが、お腹ポッコリを戻す・・・つまり、脂肪を燃焼させてくれるのです。

 

これは、糖質を分解して、不飽和脂肪酸へ作り変えたり、腸の善玉菌を活性化させるので、腸内に溜まっている不要なものを排出させるなどデトックス効果を発揮させるのです。

 

更に、ダイエットだけではなく、老化の防止、そして、美容に優れた効果を発揮します。

 

トルラ酵母菌はグルタチオンですが、グルタチオンは3つ結合したトリペプチドで、1)グルタミン酸、2)システイン、3)グリシンが含まれています。

 

システインは、メラニンの発生を抑えることが有名ですね。
これは、ビタミンCと共に相乗効果により、発生したメラニンを抑制したり、メラニンの発生を抑えたります。

 

この作用は、お肌のハリを持続させたり、吹き出物のような肌トラブルを改善するということです。
更に、システインは、二日酔いやエネルギー不足によっての疲労やカラダのだるさを改善します。

 

グリシンは、血管を拡張する働きがあるので、血液量をコントロールして、睡眠を改善したり、抗うつ効果などに働きます。

パン酵母って何?

お腹の脂肪の悩みを解消を願う女性

 

パン酵母はパンを作る過程で発酵させるためにイースト菌を使用しますが、イースト菌=パン酵母です。
そのパン酵母は、脂質や糖質を分解する働きをもっています。

 

もともと、酵母は糖質の吸収や便秘改善、そして、免疫力を高めるなどの効果があります。
これは、βグルカンという多糖体が含まれているからです。

 

βグルカンは、パン酵母だけではなく、しいたけなどのきのこ類や大麦などにも含まれています。

 

それで、βグルカンの主な特徴は、免疫力を高めるマクロファージやリンパ球を働かせて、体外から侵入してくるウイルスや細菌などを撃退する免疫力を強化させのです。

 

免疫力が高まれば基礎代謝力がアップします。

 

つまり、これが腸内環境にとっても良い影響を与えるので、その結果、老廃物をスムーズに排泄させたり、糖質の分解にも拍車が掛かるということです。

 

コンブチャクレンズとコンブッカの違いはこのような内容ですが、どちらも、おすすめですね。
更にダイエットを加速させるには、置き換えダイエットをすると実感出来ると思います。

 

ということで、とりあえず、メーカーサイトで詳細をご覧になってはいかがでしょう。

 

↓コンブチャクレンズの公式販売サイト↓

 

↓コンブッカの公式販売サイト↓

 

↓クレンズダイエット関係記事はこちら↓

 

コンブチャクレンズとマスタークレンズの違い

 

クレンズダイエット | ホンマでっかテレビで紹介

 

クレンズジュースはスロージューサーで作る!

 

マスタークレンズダイエットの効果と仕組み


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?