ダイエットは有酸素運動より、無酸素運動

ダイエットは有酸素運動より、無酸素運動

お腹の脂肪を減らしたい

痩せやすい体にするなら、食生活の改善と運動が基本だと言われています。

もちろん、その通りです。

 

スルスル酵素は、食生活の部分を効率良く手助けをするという役割をしますが、運動も並行して行わなければ、効果的に痩せやすい体を作ることはできません。

 

そこで、痩せやすいカラダと言うことですが、どのようなイメージを持っていますか?

 

例えば、若い頃のように、いくら暴食をしても、カラダに脂肪がつかない・・

 

すぐにエネルギー化して、決して太ることは無いということ・・・

 

そうですね、代謝が高ければ、炭水化物を多く摂っても、脂肪細胞に蓄積されることは、まずありません。

 

でも、年齢が進むにつれて、体内酵素が減りだし、代謝が低くなるので、脂肪太りになってしまいます。
そこで、40代を過ぎた方には、食事の改善と運動がセットとして行うことで、若い頃の代謝活動に近づけることが可能になります。

 

つまり、太りやすいカラダから痩せやすいカラダへと変えることです。

 

それで、食事に関しては、消化酵素を補うスルスル酵素と、毎日の食べる食材のバランスと量を改善することですが、運動はどのようにすれば、良いのか?

 

ダイエットと言えば、有酸素運動と言われていますが、ただ、有酸素運動を行っていても、不効率だと言うことなのです。
今回は、運動に関して、効率良くエネルギー消費の方法をレポートしたいと思います。

有酸素運動を有効活用するには、筋トレをする

筋トレ

運動は体を動かすこと・・つまり、エネルギーを使って、体脂肪を減らすということです。

 

それで、有酸素運動がダイエットや健康に欠かせない項目に入っているようですが、果たして有酸素運動はダイエットの近道になるのか・・

 

これについてですが、確かに、有酸素運動は、ダイエットを目指す方にとって、必要なものです。

 

でも、もっと、効率よく痩せる体を作ることが出来るのです。

 

そこで、まず、有酸素運動と無酸素運動の違いを簡単に言うと・・・
有酸素運動は、文字通り、酸素を必要とする運動です。

 

そして、無酸素運動は、酸素を必要としないと言うことになります。
この、2つの運動の機能をみると・・・

 

有酸素運動は、体脂肪を燃焼してくれる運動で、無酸素運動は、体の糖質をエネルギーに変換する運動です。
この、2つの運動をうまく使ってゆくと、効率よく体脂肪を減らすことが可能になるのです。

無酸素運動の後に有酸素運動をするとダイエット効果バツグン!

ウォーキング

体脂肪を減らして、痩せる体にするのは、無酸素運動の後に有酸素運動をするという手順で行ないます。

 

例えば、筋トレの後にウォーキングや軽めのジョギングをするということです。

 

この、順番が大切で、まず、無酸素運動である、筋肉トレーニングから始めます。
筋トレは、脂肪を分解はしますが、燃焼されないのです。

 

つまり、燃焼させるには、有酸素運動が必要となってくるのです。
筋トレで筋力を使うと、脂肪の分解までします。

 

これは、脂肪が、血液に回りだしている状態で、すぐにでもエネルギーに使うことが出来る前段階ということです。

 

そこで、有酸素運動を始めると、血中の脂肪エネルギーが燃焼すると言う仕組みなのです。

 

この、無酸素運動と有酸素運動の順番で毎日繰り返して行うことで、体脂肪が減り、痩せやすいカラダにすること可能になります。

 

それから、無酸素運動をすると、脂肪を分解するのは、脂肪の分解を促すホルモンである、アドレナリンと成長ホルモンが、分泌されるからです。

 

アドレナリンは、脂肪細胞に蓄積された脂肪を脂肪酸に分解することによって、エネルギーへ変換させる働きをします。

 

成長ホルモンもアドレナリンと同じ働きをしますが、アドレナリンよりも、強力に脂肪をエネルギーに変換させます。

 

しかも、長い時間持続して、脂肪酸に分解するので、成長ホルモンと言うより、脂肪分解ホルモンと言ってもいいぐらい優れています。

 

↓こちらの、スルスル酵素ブログ記事もご覧ください。↓

肥満は水素水がいい!

 

本物の酵素、スルスル酵素・・トップページに戻る。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?