酵素と補酵素の違いを説明します。

5大栄養素を支えている補酵素

酵素は生命を維持することに必要な栄養素です。

 

それは良く分かっていると思いますが、酵素は、もともと体に備わっているもので、その酵素の働きがあるから、私達は病気にかからなかったりして、元気に暮らすことができているのです。

 

これらの、体内酵素が働いてくれるので、健康を保つことが出来ますが、その酵素は、体に必要な栄養素を助けているからです。
そして、体に必要な栄養素と言えば、五大栄養素です。

 

五大栄養素とは・

ドクターが五大栄養素を説明

  1. 炭水化物
  2. タンパク質
  3. 脂質
  4. ビタミン
  5. ミネラル

 

(五大栄養素詳細については、当サイトの「酵素の働きと五代栄養素を解説」をご覧ください。)
これらの5大栄養素を支えているのが、補酵素なのです。

 

では、酵素と補酵素の違いですが、酵素は単体で機能する酵素もありますが、多くの酵素は補酵素の助けで機能します。

 

その補酵素は、ビタミンやミネラルが主な成分です。

 

この、補酵素が五代栄養素を助けていますが、実は、逆に助けられている面もあるのです。
お互いに、作用しあったり離れたりして、有効な機能を引き出している・・つまり、コントロールしているから健康を保つことが出来るのです。

スルスル酵素も補酵素

スルスル酵素

もちろん、スルスル酵素も補酵素です。

特に、ミネラルやビタミンは、体内で合成出来ないので、体外から摂取しなければなりません。

 

これらは、一般的に食べるもので補給しますが、スルスル酵素に含まれている、天然素材の、ミネラルやビタミンは豊富に含まれているので、栄養補給にも威力を発揮します。

 

スルスル酵素は、まず、消化酵素として働き、消化を助けて、代謝を促すことで、ダイエットへと導きます。
その消化酵素ですが、これも、潜在酵素と食物酵素が存在します。

潜在酵素と食物酵素

潜在酵素は、もともと、私達の体に存在する酵素で、食物酵素は食べ物に含まれている酵素です。

 

食物酵素は、本来なら食べ物で酵素を補給することが一般的ですが、あまりにも酵素が含まれていないことから、サプリメントで補給するように変わってきています。

 

コンビニ弁当

この、酵素が含まれていない食材とは、加熱食材のことです。

 

加熱して食べる、冷凍食品の普及が多くなっているから酵素が不足しがちになるのです。

 

つまり、酵素は、熱に弱いことから、加熱すると死滅してしまいます。

 

酵素が含まれている生の野菜、魚や肉、果物など、あまり食べない傾向があるので、酵素不足になるのです。

潜在酵素の酵素量は決まっている

酵素補給のポイント

私達の体に存在する潜在酵素は、年齢とともに不足気味になります。

もともと、潜在酵素は、体内で一生の内、作れる酵素量は決まっているようです。

 

よって、潜在酵素を使い過ぎると、体に悪い影響を与えることになります。

 

そこで、スルスル酵素で酵素を補給します。
但し、スルスル酵素だけでは、酵素補給は不完全です。

 

生活習慣を改めることと併用することで、健康を保ちながら、ダイエットと健康を手に入れることが可能になります。

 

酵素が不足すると、体調が悪くなります。
まずは、酵素不足を無くすことから取り組んではいかがでしょう。

 

本物の酵素、スルスル酵素・・このサイトのトップページに戻る。


「スルスル酵素の効果 | 飲み方と評判」へ移動する。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?