水素水でミトコンドリアを活性化して肥満を抑制

水素水でミトコンドリアを活性化して肥満を抑制

肥満

ダイエットサプリメントの、スルスル酵素は、消化酵素へ働きかけて、消化を助けた後に、代謝酵素の活動を促すことで痩せるを目指します。

 

つまり、代謝をアップさせてダイエットへ導くということですが、健康的に痩せるには、代謝アップしか方法はありません。

 

そこで、今、話題になっている、水素水ですが、細胞内のミトコンドリアに働きかけて、エネルギーを生み出す働きを促進させるのです。

 

私たちは、食事をすることで、元気(活動)を作り出しています。

 

その元気は、食事で得た、脂質や糖質などと、呼吸で体内へ補給した酸素を材料にして、エネルギーを作っています。
その、エネルギーを作っているのが、細胞内のミトコンドリアです。

 

ミトコンドリアに関しては、当サイトの「ミトコンドリアと酵素と肥満について」で詳しく述べています。

 

そして、ミトコンドリアは、1つの細胞の中に、数百から数千個も存在しています。
その、ミトコンドリアが元気に働かないと、身体に支障を兆してしまうのです。

 

よって、ミトコンドリアの数を増やして活動力を、より強くすることが、代謝アップにつながって、痩せる身体へと導くのです。

 

水素水を飲むことで、代謝アップにつながる・・それは、水素水がミトコンドリアを元気にさせて、ダメージを与える悪玉化性酸素を撃退するという優れたメリットがあるからです。
今回は、水素水を飲むことで、肥満を防ぐ効果についてレポートします。

水素水の肥満抑制効果

水素市場急上昇

水素水の特徴は、悪玉活性酸素だけを除去して害の無い水に変化させて、体外へ排出させる効果があります。

この、水素水のメリットがあるから売れているのです。

 

水素商材の市場は200億円に達していると、日本流通新聞での特集記事が掲載されていました。

 

これほど、人気がある水素水ですが、まだ、科学的な根拠については、はっきりしていないようですが、日本医科大学の太田成男教授の研究チームが医学雑誌の「NatureMedicine」に掲載されてから、日本だけだはなく、世界各国から水素水の有効性について研究論文が発表されています。

 

つまり、水素水には根拠があるということになりますが、信じない人もいらっしゃいます。
私は、まず、これだけ水素水が売れているということだけで、信じるに値すると思います。

 

それで、水素水を飲むことで、肥満を防ぐ効果についてですが・・・
水素はエネルギー代謝を促進する効果と脂肪を燃焼させる効果があります。

 

この2つは、ダイエット効果につながりますが、既に、マウスでの実験で証明されています。
出所は、著者:N. Kamimura, K. Nishimaki, I. Ohsawa and S. Ohta(日本医科大学、東京都健康長寿医療センター)

 

上記の抜粋になりますが、正常なマウスと、脂肪を摂取して、脂肪肝状態にさせたマウスに水素水を飲ませた結果、肝臓の酸化ストレスが軽減したことと、脂肪肝マウスの脂肪軽減が見られたということです。

 

更に、長期間に渡って水素水を飲ませた結果、中性脂肪、血清グリコース、インスリンが減少し、高脂血症も軽減されたとのことです。
また、代謝促進ホルモンのFBF21の遺伝子を活性化したということです。

 

この、FBF21とは、繊維芽細胞増殖因子21のことで、成長因子の部類に入ります。
もっと分かりやすく言うと、FBF21は、脂肪を燃やしてエネルギー代謝を促すホルモンです。

 

水素が肝臓へ入ると、FBF21を導くことによって、エネルギー消費につなげてゆくので、中性脂肪や血糖値が下がったということです。
エネルギー消費につながると、酸素の吸収量と二酸化炭素の排出量が増えます。

 

これは、FBF21がうまく脂肪燃焼を行うことで、エネルギー代謝を導いていることになりま
す。

 

これらは、ラットでの研究結果で証明されていますので、私たちも同じことだと思います。

 

下記引用

1.5.1 水素水は肥満に有効
学術雑誌名:Obesity (2011)doi:10, 1038/oby. 2011.6
表題:Molecular Hydrogen Improves Obesity and Diabetes by inducing Hepatic FGF21 and Stimulating Energy Metabolism in db/db Mice(訳:分子水素は糖尿病マウスにおいて肝臓のFGF21の誘導およびエネルギー代謝を促進することにより肥満および糖尿病を改善する
著者:N. Kamimura, K. Nishimaki, I. Ohsawa and S. Ohta(日本医科大学、東京都健康長寿医療センター)
概要:分子水素は酸化ストレスで起こる疾患に有効である事が知られているが生体内における水素の挙動の詳細は不明であった。
本研究においてはまず初めに肝臓のグリコーゲンが水素水投与後の水素を蓄積することによって、短期に少量ずつ水素を与えたときに諸疾患モデルにおいてなぜ有効な作用が得られるかを示し、ついでレプチン受容体が欠損したdb/db肥満マウスを用いて自由摂取させた水素水の抗2型糖尿病効果を示した。
水素水飲水により肝の酸化ストレスの軽減と正常マウスに過剰の脂肪摂取でおこる脂肪肝だけではなくdb/db肥満マウス脂肪肝においても改善作用があることが認められた。
長期間水素水を与えると脂肪と体重がコントロールされた。さらに、水素水投与により血清グルコース、インスリン、中性脂肪が減少し、この効果はダイエットで得られる高脂血症の抑制効果と類似していた。さらに、分子レベルにおける水素水の作用を精査するため遺伝子発現プロファイルを調べた結果、脂肪酸とグルコース消費を促進する肝ホルモンのFGF21の発現が増強していた。
これらの結果から、水素はエネルギー代謝を刺激し、肥満、2型糖尿病、メタボリックシンドロームを改善する作用があることが示唆された。

仙寿の水素水がおすすめ

仙寿の水の鮮度

水素水は悪玉活性酸素ををやっつけて、酸化をくい止めるという効果がありますが、今回のダイエット効果についてレポートしました。

それで、水素水を飲むとなると、どの水素水が良いのか・・ですが・・・

 

私がおすすめするのは、健康家族から販売されている、仙寿の水です。
仙寿の水をおすすめする理由は、まず、高濃度水素水だからですが、製造メーカーの取り組む姿勢が良いことと、美味しい水素水だからです。

 

そして、美容成分のサンフェートが含まれているのも見逃せない利点だと思います。
仙寿の水の、サンフェートは九州の霧島山系の源水に含まれている自然のミネラルです。

 

この、サンフェートですが、硫酸基が結合した成分で、体内の有害物質を排除するデトックス効果があります。
つまり、身体の毒素を取り除いてくれるというミネラルです。

 

そして、サンフェートには、便通を良くしたり、新陳代謝を高める働きもします。
このように、仙寿の水には、優れた利点があるので、水素水を一度試してみてはいかがでしょう。

 

スルスル酵素と併用すると、より、効果的だと思います。

 

↓仙寿の水素水の公式販売サイトはこちら↓

 

こちらの、スルスル酵素ブログ記事もご覧ください。

スルスル酵素の効果 飲み方と評判へ移動します。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?