酵素の働きで美容を保っている、それは、腸内細菌のパワー!

食生活の違いが、美容に影響を与えている

食事

私たちの髪の毛やお肌、瞳、爪などは、食べたものによって作られているのです。

よって、食事のバランスがよければ、より、艶のある髪の毛やお肌をつくり上げることが出来ます。

 

その半面、偏った食事や暴飲・暴食を続けていると、それなりの美容で終わってしまいます。
それだけ、毎日の食事の質や量が大切だと言うことになります。

 

考えて見れば、ダイエットサプリや美容サプリメントは、全て食事で賄える成分を濃縮したものを粒状にしたり、カプセルに充填したものです。

 

もちろん、毎日決まった栄養素を摂ることが不可能なので、サプリメントで補うと言うことになりますが・・

 

本来は食事で、健康・・・そして、美容を支えてゆくのが普通なんです。
では、適切な食事をすると、どのような効果がどの部分で得られるのでしょうか?

 

それは、腸か関係しています。

腸内細菌の酵素が美容を支えている

最近、よく言われるようになったのが、腸内細菌が美容の美しさを支えていると言うことです。
腸内細菌と言えば、善玉菌と悪玉菌・・そして、日和見菌が存在します。

 

このことは、「ダイエット=腸内細菌 - 酵素力をアップすれば、ダイエットと健康が手に入る」に少しばかり書きましたが・・

細菌

 

もう少し深く述べると、腸内では、善か悪かと言うことで、常に戦い合っているのですが、悪玉菌が優勢になれば、日和見菌も加わり、より、悪の世界が広まって行きます。

 

その反面、善玉菌が優勢になれば、日和見菌も加わり、善の世界になります。
このように、日和見菌は、優柔不断で強いものの味方をします。

 

しかも、日和見菌はかなりの多くの菌が存在しているのです。
よって、善玉菌が常に優勢にならなければ健康と美容を保つことが出来ません。

 

美容

もし、悪玉菌が優勢になると、悪玉菌の支配下に存在する悪い酵素が腸内で有害物質を産生させることになり、それが、毒素となって、血液を通じてお肌に悪い影響を与えます。

 

このような事にならないように、善玉菌をより、活発化させることが必要です。
善玉菌が優勢になれば、良い酵素を産生するので、腸内環境自体が良くなります。

 

このことによって、お肌のトラブルや毒素などは分解されて、デトックス効果で排出されることになり、美容を高めることができるのです。

栄養素の合成

腸内で善玉菌が活発化し、身体が健康を維持している状態での栄養素の合成についてですが、腸内細菌が作る酵素は、短鎖脂肪酸ビタミン、葉酸などです。

 

栄養素の合成を説明する女性

この、短鎖脂肪酸、ビタミン、葉酸について詳しく述べて行きたいと思います。

まず、短鎖脂肪酸については、以前記事にした、「腸内フローラとダイエット、そして、美容の関係」でダイエットに深く関係していることを書いていますが、腸の細胞を新しくしたり、悪玉菌が増えるのを抑えたりします。

 

ビタミンは、ビタミンB群やビタミンKです。
これらは、血液や骨の形成に働きかけたり、お肌や粘膜の健康を保つ働きをしています。

 

また、葉酸も、ビタミンB群の一種で、血液に深い関係をもっています。
赤血球の合成、皮膚粘膜の強化、DNAやRNAを構成している核酸の合成に必要なものです。

 

これらの働きが、善玉菌を、より強くしているので、体調を安定化させるのは、もちろん、美容にも良い基盤を作ることが出来ます。

 

よって、体内酵素が有効的に働く環境になっているので、健康と美容を保つことが出来るのです。

 

腸内環境を整える、酵素補給は、本物の酵素である、スルスル酵素で補ってみてはいかがでしょう。
スルスル酵素の詳細は、このサイトのトップページからご覧頂けます。

 

「スルスル酵素の効果 | 飲み方と評判」へ移動する。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?