乳酸菌と酵素の関係は?そして、発酵食品の役割を考える。

乳酸菌と酵素の関係

乳酸菌と酵素

乳酸菌と酵素ですが、簡単に言えば、乳酸菌は細菌で酵素は物質です。

そして、乳酸菌を多く含む食品と酵素を多く含む食べ物は発酵された食品を摂ることで補うことが出来るのです。

 

つまり、発酵食品は乳酸菌と酵素を同時に摂ることが出来る優れた食品になるのです。
酵素不足になると体力が衰えて、確実に命が短くなります。

 

この酵素不足を作っているのが、熱で加工された食品です。
今の時代は、熱で加工された食品が多くあります。

 

多くあると言うより、ほとんどです。
よって、身体の酵素が減りだしているのです。

 

そして、酵素不足になり、老化が進んだり、生活習慣病にかかりやすくなったりするのです。
その酵素不足を取り戻す手立ては、乳酸菌と酵素がたっぷりな、発酵食品を食べることです。

発酵食品を食べる

乳酸菌と酵素

発酵食品とは、植物性乳酸菌が多く含んでいる漬物や味噌、醤油などです。

また、野菜の漬物は多くの食物繊維が含まれているのでお薦めです。

 

そして、熱加工された食品を避けて、生ものを食べることが大切です。
生ものとは、刺し身やユッケやレバ刺しなどの生肉、そして、野菜や果物、ヨーグルトなどを積極的に食べるようにすることが望ましいのです。

 

乳酸菌と酵素

このことを意識して食生活を改善することによって、不足しがちな酵素を補うことが出来るのです。

そして、もっと有効的な酵素サプリメントから摂ることもお薦めです。

 

 

酵素についての特徴

酵素

まず、酵素についての特徴は、生きているもの、つまり、生物だけが酵素を作ることが出来ます。

その酵素ですが、私たちの身体の隅々まで、生きてゆくことに関しての重要な役割をしているのです。

 

酵素は生命活動に欠かせない物質でほとんどがタンパク質でできていて、活動エネルギーとして、代謝があります。
そして、遺伝にも関わりあっていて、子孫を残すDNAにも深く役割を担っているのです。

 

また、数千もある、酵素はそれぞれ、1つの働きのみで、それぞれに役割が分担されています。
これを基質特異性と言われています。

 

よって、一つの酵素の働きが欠如すると、身体に支障を与えてしまうのです。
酵素の欠点は、熱に弱いことです。

 

約50℃ぐらいで活動することが出来なくなります。
例えば、卵を例にとって言えば、生の卵は酵素が含まれていますが、お湯でゆでて、ゆで卵にすると、酵素が死滅してしまいます。

 

このことから、加熱されたものは、全く酵素が入っていないと言うことです。
つまり、酵素を含まれていない食べ物を食べていると、酵素不足になると言うことです。

 

そのことによって、身体の中の潜在酵素のみで身体を維持しようとしますが、これは、確実に命が短くなることを示しているのです。
毎日の食生活や酵素サプリメントなどで、常に酵素を補給することで、活力を取り戻しましょう。

 

本物の酵素、スルスル酵素・・トップページに戻る。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?