ミトコンドリアの数を増やして酵素作用を得て肥満を解消

ミトコンドリアと活性酸素と肥満

肥満

最近、ミトコンドリアについて、話題になっていますね。

なぜ、ミトコンドリアが話題になるのかと言えば、中性脂肪と関係しているからです。

 

つまり、肥満が原因で生活習慣病になったり、私たちが恐れている大きな病気に発展する可能性があるからです。
そして、そこには、活性酸素が登場します。

 

活性酸素(スーパーオキシド)が老化や病気を作り出す悪い存在です。

 

その活性酸素がいろんな細胞と、くっついて、細胞やDNAを破壊させるので、老化や病気になりやすくなるということです。

 

また、ミトコンドリアも、きちんと働くことが出来れば、数を減らしたり、パワーを失ったりしないですが、良くない不規則な食生活や運動不足が続くと、元気失いますね。

 

また、年齢とともに、酵素が減ってしまうことが、ミトコンドリア自体の数を減らす要因になります。
このようなことから、今回は、ミトコンドリアと酵素、そして、肥満について述べて行きたいと思います。

ミトコンドリアって何?

ミトコンドリア

まず、最初に、ミトコンドリアってなんでしょう?

言葉自体聞いたことがあると思います。

 

中学時代の理科の授業で、ミトコンドリアのことを習ったと記憶していますが、どのようなものか・・など、忘れてしまいました。

 

そこで、まず、ミトコンドリアとは・・
私たちの細胞の中にある、小さな器官のことで細胞の中で最も大切な働きをしています。

 

それは、エネルギーを生み出しているのです。
エネルギーと言えば、私たちが毎日、生活している力なので、生きて行く源です。

 

もちろん、ミトコンドリアは、エネルギー以外にいろんな働きをしていますが、主に、エネルギーを生み出すという最も重要な役割をしているのです。

 

そして、そのエネルギーの材料は、毎日食事で得た、脂質やブドウ糖などの栄養と呼吸によって、摂り入れている酸素です。
これらを使って、ミトコンドリアはエネルギーを作っています。

 

そして、酵素ですが、酵素は、先ほどの活性酸素がミトコンドリアにくっついて、破壊させようとしている時に、体内酵素の力で無毒化させるのです。
その酵素とは、SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)と言いますが、私たちの体に存在していて、これが、活性酸素をやっつけるということです。

 

でも、SOD酵素も年齢とともに減る傾向があるので、ミトコンドリアと同じように少なくなります。
少しでも、ミトコンドリアを増やすことが出来れば、SOD酵素を作り出す事が出来て活性酸素に対抗出来るのです。

肥満が老化と病気を呼ぶ

太ると良くないと言われている理由は、何でしょう?
肥満は、生活習慣病のような、大きな病気につながっているからです。

 

そして、これも、ミトコンドリアが関わりあっているのです。

 

私たちは、食事で得た栄養分は、ミトコンドリアがエネルギーに作り変えていますが、先ほどのように、活性酸素の仕業を受けたり、ミトコンドリア自体の仕事をさせない・・・つまり、運動不足や糖質の摂り過ぎなどの暴食を繰り返していると、ミトコンドリアの数が減りだしパワーも弱くなってしまうのです。

 

ポッコリお腹

つまり、ミトコンドリアの仕事は、ブドウ糖や脂質、酸素を使ってエネルギーを生み出していますが、あまりにも多くに糖質摂ったり、睡眠不足やストレスが過剰になると、ミトコンドリアは弱ります。

 

その結果、パワーを失って、細胞内にブドウ糖や脂質などを材料として使えなくなり、置き去りにしてしまうのです。
これが、放置されると、中性脂肪になるのです。

 

つまり、ポッコリお腹のメタボリックシンドローム、そのものです。
これらの脂肪は、一時蓄積されてゆきますが、同じ生活習慣を繰り返してゆくと、脂肪細胞が増えるばかりになってしまいます。

 

この脂肪が・・・つまり、肥満が臓器を圧迫したり、血液に糖を流したするので、生活習慣病に発展するのです。
このように、肥満が老化と病気を呼ぶ結果となるのです。

ミトコンドリアを増やす

ここで、肥満を無くす・・・つまり、ダイエットすることが必要となってきます。
その原因である、ミトコンドリアの数を増やしてパワーアップすることが重要なんです。

 

まず、ミトコンドリアの数を増やすには、ミトコンドリアを働かす必要があります。

 

私たちは、常に働いている機能は、安定して元気に働きますが、一旦、機能を使わなくなると、その機能の必要性が失われるため、弱体化してゆきます。

 

ポッコリお腹

例えば、ジョギングを始めると、最初は、息切れをしたり汗をかいたりして、大変な思いをしますが、毎日ジョギングを繰り返してゆくうちに大変さが失われるというか、初回の大変さと比べると楽になります。

 

これは、ミトコンドリアが数を増やして、うまく適応するように働く体制をとっているからです、。
このように、ミトコンドリアに仕事をさせることによって、数を増やしてパワーアップするのです。

 

これが、ミトコンドリアを増やして、ダイエットにつなげるということです。
このように、少しキツ目の運動をするとか、食事制限もミトコンドリアを増やす手立てになるのです。

 

食事を減らすと、体は栄養分の補給が少ないと察知し、脂肪細胞からエネルギーを使おうとします。
これが、脂肪燃焼させるので、ダイエット出来るということです。

スルスル酵素は消化酵素を助ける

酵素についてアドバイスする女性

スルスル酵素は、消化を助ける・・つまり、消化酵素の補給をします。

 

うまく、消化酵素が行えれば、問題ありませんが、肥満の方は、この、消化酵素の段階で、体内酵素を使い果たしてしまうので、代謝酵素として、活用出来なくなり、ダイエットが出来ない結果となります。

 

そのために、スルスル酵素は、本物の消化酵素を配合されています。
そして、消化酵素として、うまく消化活動を終えれば、代謝酵素として働きます。

 

そこで、痩せやすい体になりますが、先ほどの、消化酵素で酵素を使い果ててしまうと、脂肪細胞へ蓄積されてしまいます。
その結果、肥満が解消されないことになります。

 

これは、先ほどのミトコンドリアの働きに共通していることであり、ミトコンドリアの数を増やしてパワーアップをしなければ、代謝までまわりません。

 

それで、その解決策として、先ほどの運動と食べる量を調整することが一つの手立てとなります。
それから、消化酵素に負担の掛からない食材を選ぶことにも解決策になります。

 

これが、酵素負担を少なくする方法です。

 

 

 

スルスル酵素の詳細は下記当サイトのブログ記事をご覧ください。

スルスル酵素の効果 飲み方と評判へ移動します。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?