糖化は老化を進ませ、体内酵素にもダメージを与えます。

糖化は老化を進ませ、現代病にも発展する。

糖化を説明する女性

酸化に関しては、「活性酸素にも酵素が活躍します」で説明したように、私たちの身体に害を与え、老化や生活習慣病を招く原因を作ったりしますが、糖化も良くない存在です。

 

糖化は、体内にあるタンパク質と食事などで摂取した糖と結びついて、糖化したタンパク質となって、体内に蓄積されてしまうことです。
このことが、進んでゆくと老化とともに、糖尿病と言う大病に発展する可能性があるのです。

 

その前に、食生活をチェックしてはいかがでしょう。
次の項目で心当たりがある場合は、要注意です。

糖化予備群をチェック

糖化を気にする女性

 

 

  • ケーキやチョコレート、クッキーは、大好きで食事の後でも別腹と言って食べている。
  • 缶コーヒーはいつも飲んでいる、あの甘さが美味しい
  • 太ると思っていても、つい、寝る前にラーメンを作って食べる。
  • 食べだしたら、結構、早食いしているようだ。
  • 野菜や豆料理はあまり食べない。
  • どっちかと言えば、濃いめの甘辛い料理が好き
  • スナック菓子は大好きなので、バックに入れて持ち歩いている。
  • 運動はしていない。

こう言った項目で多く当てはまっている場合は、要注意です。
甘いものを控える理由は、太るだけでは無く、糖化を進ませ、身体にダメージを与えます。

 

もちろん、お肌にシミやシワだけではなく、血管を通じて脳への影響も、そして、骨にも及びます。
この恐ろしい、糖化を防ぐために、直ぐにでも抗糖化対策をしましょう。

糖化のプロセス

甘いものを食べる女性

甘いものを好んで食べていると、血液中いっぱいのブドウ糖が体内のタンパク質と結合して、糖化反応となって、AGEsと言う変形した劣化タンパク質になります。

 

この劣化したタンパク質が体内に蓄積されると、お肌だけではなく血管も老化して行くのです。
そして、加齢が進むと、過剰にAGEsも蓄積されて行き、身体の良くない症状が現れます。

 

美容に関しては、まず、お肌のキメが粗くなりだし、シワやたるみが起こります。
この現象については、体内酵素の働きが弱くなっている証拠と言えます。

 

酵素はタンパク質なので、劣化した、タンパク質が悪者となって、攻撃してくるので、当然、酵素力が損なわれる結果になるのです。

糖化力で酵素はダメージを受ける

体調不良の女性

身体が酸化(錆びる)することも恐ろしいことですが、糖化も酸化に匹敵するほど怖いものです。

その理由として、体内の抗酸化力に攻撃をかけてきて、機能を低下させてしまうのです。

 

せっかく、酵素が身体全体に代謝活動や栄養補給を行なっているのに、それを妨害してしまうのです。
当然、機能が低下し、身体に異変が起こります。

 

その一つが、過酸化脂質と呼ばれるものが増えることです。
この過酸化脂質は、コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって、酸化されたものです。

 

過酸化脂質が増えると、老化、動脈硬化、そして、がんを引き起こす原因となるのです。
体内にある、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)などが、抗酸化物質として働くのですが、糖化がこのSOD自体を弱らせるので、ほんとに恐ろしい存在です。

対処するには、食生活を見直す

ポテトチップス

コンビニエンスストアやファーストフードと呼ばれている食材は、あまり、身体に良くないと言われていますが、背景として高温調理のものが多い点です。

高温調理での食事は酵素が死滅するだけではなく、糖化が進んだものになるのです。

 

特に、揚げ物は糖化が進んで終末糖化産物(AGE)と呼ばれる物質です。
AGEはタンパク質と糖が加熱によって出来たものです。

 

こういったものが売られているのが、コンビニやファーストフードで、スナック菓子やホットケーキ、シリアルなど、たくさん存在します。

緑黄色野菜

これを、控えることと、身体の調子を整える食品を食べることが必要です。

 

緑黄色野菜や、きのこ類、海藻類、果物類です。
その他、豆類や生の魚も糖化を避ける食材なので、進んで食することをお薦めします。

 

本物の酵素、スルスル酵素・・このサイトのトップページに戻る。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?