睡眠不足は肥満になる

睡眠と成長ホルモン

睡眠中

ダイエットの近道ですが、意外と間違った知識でダイエットを目指していることが多いようです。

 

その中で、良く言われることですが、睡眠時間が長いほど、脂肪が身体へ蓄積されると言われています。

 

つまり、「寝過ぎると、太るよ!」と言うことです。
これは、全く間違っているのです。

 

実際は、逆で、睡眠が不足すると、脂肪が身体へ蓄積されるのです。
これは、成長ホルモンが関係しているのです。

 

成長ホルモンの分泌は、睡眠中に行われます。
しかも、深い良質な睡眠によって、無駄なく成長ホルモンが滞り無く分泌されます。

 

その結果、代謝を高めることになり、脂肪は分解されるので、身体へは蓄積されなくなるのです。
このように、睡眠と肥満の関係が成り立っています。
それで、今回は、ダイエットで落としてはいけない睡眠と肥満の関係をお話しますね。

レプチンとグレリン

以前、お話した、脳に満腹を知らせるホルモンである、レプチンですが、これが睡眠と深く関わりあっているのです。
そして、グレリンと言うホルモンが存在します。

 

グレリンは、レプチンとは逆で、食欲を感じさせるホルモンです。
これら、2つのホルモンが食事の量をコントロールしているのです。

 

そして、そこに睡眠が関わりあってきます。
つまり、睡眠不足が続くと、グレリンの量が増えだして、食欲を上げてゆくのです。

 

大食い

よって、寝不足が続くと、大食いになる可能性が出ると言うことです。

 

これも、先ほどの成長ホルモンの分泌に関係していて、睡眠不足が原因で、グレリンの量を増やしてしまう結果になるのです。

 

グレリンが増えれば、レプチンは低くなります。
また、BMI(体格指数)も高くなります。

 

このような、睡眠と2つのホルモンの関係を知っていれば、ダイエットの近道を見つけることが出来るのです。

 

子供の頃に「寝る子は育つ」と言われてきましたが、まさに「寝る子は痩せる」ということのようです。

スルスル酵素を併用する

代謝

これらの、睡眠と肥満をもたらすホルモンの存在を考えて、ダイエットサプリメントのスルスル酵素を併用すれば、より、ダイエットの加速がついてきます。

 

それは、消化酵素にも影響を与えているからです。

 

良い睡眠をきちっと取っていれば、当然、代謝が低下することなど考えられません。
よって、基礎代謝は上がり、消化酵素の働きも良くなります。

 

そして、余裕をもって、代謝酵素として働くことが出来るのです。
そうすると、ダイエットの実現がより早く実現できます。

 

サプリメントを有効に活用するには、良質な睡眠はもちろんですが、ストレスや食生活、運動が関わりあってきます。
より、効果的に痩せるには、これらの改善が重要なポイントになります。

 

本物の酵素、スルスル酵素・・トップページに戻る。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?