ダイエットには、停滞期を知っておくことが必要です。

ダイエット停滞期

停滞期?

ただ、スルスル酵素を飲むだけでは、即効性がありません。

出来れば、少しでも、ダイエットを意識する方がより効果的に進むことが出来ます。

 

よって、食生活も、脂肪がつかないものや、代謝を高めるものを積極的に取り入れたりします。

 

 

でも、忘れてはならないことは、ダイエットには、停滞期と言うものがあることです。
停滞期とは、痩せようと決心して、カロリーを減らしたり、運動をしたり、サプリメントを飲みだしたりすると、比較的に早い時期に体重が落ちる時期があります。

 

でも、そのまま、ダイエットモードで進めていても、体重が落ちなくなってしまいます。
これを、ダイエット停滞期といいます。

 

この期間は個人差がありますが、数週間から1ヶ月ぐらい続くことがあり、「やっぱり痩せられない」と諦めてしまう人が多いことです。
これで、ダイエット失敗と結論を出してしまうのです。
でも、ここで、諦めないで、また、無理をしないで続けることをお勧めします。

 

ホメオスタシス

医者からの説明イラスト

ホメオスタシスとは、私たちの体の機能で、体が危機を感じると、それに応じて反応する機能です。

 

例えば、ダイエットでカロリーを減らしたりすると、それを感知して、少ないカロリーの摂取でも、最大限に吸収して、カロリーの消費を最小限に抑制します。

 

これにより、体重が落ちなくなります。
このような、体のメカニズムが働くことで、もとに戻そうとする働きのホメオスタシスは、体全体に作用するので、健康を保つことが出来るのです。

 

この場合のダイエット停滞期は、今までどおりで進めてゆくことで、解決します。
体重が落ちないので、過度なカロリーを減らしたり、過激な運動をしては逆効果になります。

 

そのようなことをすると、結局、ダイエットではなく、飢餓状態になったり、リバウンドの原因になったりします。

 

バランスのとれた、食生活や適度な運動を続けてゆくと、体もリセットして、正常な状態を新たに記憶するようになります。
そのように、なった時点でダイエットは成功します。

ダイエット停滞期を早く抜け出す方法

ポイントは少しカロリーを多く摂る

ホメオスタシス機能で体重が減らなくなった時、より、早く、ダイエット停滞期を抜け出したいものです。

では、その方法は、今までの食事のカロリーを少し増やすことです。

 

少しです、増やすのは・・
これで、体がこの摂取量だったら、大丈夫だと判断して、停滞期を解除することになるからです。

 

もちろん、以前のカロリーのままでも大丈夫ですが、停滞期が長く続くようであれば、少しはカロリーを増やすことをお勧めします。

 

そして、タンパク質は、体を構成するので、必須科目です。
カロリーを減らしても、タンパク質はしっかり摂るようにしましょう。

 

本物の酵素、スルスル酵素・・トップページに戻る。


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?