30代を過ぎるとなぜ太るのか?太った身体はダイエット茶のスルスル茶で解決

脂肪燃焼効果のある、ダイエット茶のスルスル茶

説明する女性

スルスル茶ですが、随分、好評で売れているようです。

私は、「そりゃ、そうよ」・・と言うか・・・プーアール茶と黒烏龍茶がメインの原料で、その他、いいとこ取りの成分がプラスされて、ぎっしり入っているので、これで、痩せないなんて、ちょっと考えられないと思います。

 

スルスル茶のメーカーである、ジョイフルライフさん、上手く考えられていると思いますよ。
いくら、いいとこ取りの素材を集めても、バランス良く配合されているからこそ、効果に結びつくのです。

 

それで、今回は、ダイエット全般から考えて、なぜ、30代になると太るのか?・・そして、脂肪燃焼効果のある、ダイエット茶のスルスル茶のメリットを書きます。

なぜ、30代になると太るのか?

年齢が進むにつれて、身体の状況が変わってゆくので、仕方ないと言えば、それまでですけど、多くの人は年齢と共の体が太ります。
これについて、まずは、身体の仕組みから説明しますね・・

 

体重計に乗る女性イラスト

私たち生き物にとって、生まれた時には細胞はほんの僅かなものですが、成長するにしたがって細胞分裂が盛んになり、ピークに達します。

 

ピークの20歳で約90兆個の細胞が存在します。
そして、ピークを境に老化が始まると言うことです。

 

その老化ですが、若い時は成長ホルモンが活発に働くので、身長を伸ばしたり代謝を高めたりします。
それが、20歳を過ぎるあたりから、次第に変化してゆきます。

 

その、変化の要因は、さまざまですが、1つ大きな要因と言えば、基礎代謝量が年齢と共の減少することです。

 

例えば、20歳の時の1日の基礎代謝量は、1200kcalだったとします。

 

それが、30歳になると、1100kcalになり、代謝が低くなってゆくのです。
この100kcalですが、1日の基礎代謝量なので、一ヶ月で計算すると、100kcal×31日=3100kcalになります。

 

さらに、1年間で計算すると、3100kcal×12ヶ月で・・37200kcalです。
これを、脂肪に換算すると、1kg当たり約7200kcalで計算するので、37200kcal÷7200cal=5.16kgの脂肪がついてしまうことになります。

 

これが、20代と比べて30代に入ると、5キロ太ったと言うことになります。

 

もちろん、代謝を高める運動や脂肪燃焼系のサプリやダイエット系のお茶で軽減することは可能です。

ダイエット茶のメリット

スルスル茶茶

先ほどの、代謝を高める運動や脂肪燃焼系のサプリ、そして、ダイエット系のお茶ですが、私の意見として、毎日生活してゆくのに、自然と代謝を高めるものを選ぶことをお勧めします。

もちろん、ダイエットに挑戦と言うことで、絶食したり、置き換えしたりするのも、良いかもしれませんが、必ずと言ってリバウンドがあります。

 

そのような、リスクは無駄だし、身体に害を及ぼす危険も考えられます。
だったら、毎日飲む、お茶を選ぶ方が簡単です。

 

ティーバック茶

お勧めの、スルスル茶であれば、ティーバックなので、食事の時に必ず飲むようにしておけば、簡単に脂肪燃焼効果があり、痩せる体質に期待できます。

そして、仕事の時はマイボトルに入れておけば、いつでも飲むことが出来ます。

 

このような、ダイエット茶のメリットが、脂肪燃焼に働きかけてくれます。

 

↓↓まずは、公式ホームページで詳細をご覧ください。こちらから・・・↓↓


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?