高発酵された、お茶の利点と、スルスル茶に配合されているお茶を解説

高発酵茶

焼き肉はとっても美味しい食べ物で、活力がつくハードなものですね。 コッテリラーメンもそうなんですが、脂っこいものを食べた後に、黒烏龍茶を飲むことは、脂肪吸収を抑える働きがあるので、

豊田愛魅さん

ダイエットに効果的
です。

 

この、脂っこいものが、身体にズシンと入って、脂肪が吸収し始める前に、黒烏龍茶の吸収力を抑える効果で、脂肪が付かず、身体が太りにくくなります。 では、脂肪の吸収を抑える効果は何でしょう?

 

それは、重合カテキンと高発酵にあります。

 

そこで、発酵と言うことですが、発酵度が5段階決められています。 まず、発酵の低い順から・・ 不発酵茶、弱発酵茶、半発酵茶、発酵茶、後発酵茶になります。 次に代表的なお茶で分かりやすく言うと・・
  • 不発酵茶は緑茶
  • 弱発酵茶は白茶
  • 半発酵茶は烏龍茶
  • 発酵茶は紅茶
  • 後発酵茶プーアール茶
になります。 また、黒烏龍茶は半発酵茶の部類に入ります。

 

そして、高発酵されたお茶は、ポリフェノールの量が低発酵のお茶よりも多いことになります。 つまり、ポリフェノールは、脂肪の吸収を抑える働きがあるのです。

 

よって、高発酵されたお茶はポリフェノールが多い点でダイエットに効果的なお茶と言われています。 スルスル茶はこの、利点にしたがって、黒烏龍茶とプーアール茶をメインのお茶としているのです。 では、スルスル茶のその他のプラスの役割を考えてみましょう。

スルスル茶のプラス成分

スルスル茶には、黒烏龍茶とプーアール茶、以外に高機能発酵茶、発酵生姜麹、植物酵素パウダーが含まれています。
では、これらの成分(お茶)はどのような、役割はしているのでしょうか。

高機能発酵茶

高機能茶

高機能発酵茶は、ビワ茶と茶葉を原料として発酵させて作られたものです。

効能は血糖値低下やコレステロール値低下、中性脂肪低下作用など、優れた働きをします。

 

発酵生姜麹

発酵生姜麹

生姜を発酵させたもので、冷え性や血流促進、血管幅拡張、免疫力活性などの作用が期待出来ます。

生姜を発酵させることで、ぽかぽか作用が冷え症の悩みを改善させます。

 

植物酵素パウダー

植物酵素パウダー

野菜や果物などを、じっくり時間をかけて発酵させたものが、植物酵素パウダーです。

もちろん、酵素は、体内に存在していますが、年齢と共の不足して行きます。

 

よって、酵素補給が必要です。
特に、消化しにくいお肉や魚を食べると、消化酵素が、大量に使われてしまい、これによって、消化酵素が不足する場合があります。

 

この、酵素不足が原因で代謝に行き届かず、代謝が低下してしまうことになります。
そこで、植物酵素パウダーが消化酵素の働きをサポートします。

 

このことによって、代謝酵素に働き掛けることが可能になります。
この、働きはスルスル酵素の働きと全く同じ仕組みなのです。

 

このように、スルスル茶に含まれているお茶は、ただ、ダイエットだけではなく、代謝を高めたり、血流や身体の冷えなど調整して、痩せやすい身体へと導いて行きます。

 

↓↓まずは、公式ホームページで詳細をご覧ください。こちらから・・・↓↓


飲み方と評判 酵素で痩せた! スルスルレヴュー 酵素の働き 酵素で美容 酵素って何?